ホーム > 第二室トップ > 弁護士の一日
弁護士の一日 Day of lawyer
アソシエイト弁護士 蒲原茂明のある一日
~9:00 通勤
通勤時間を利用して新聞を読み、政治・経済の新しい情報を入手します。新聞の一面に、本年度の公示地価が発表されたとの記事があり、事務所に出所後、事務局に最近の動向に関する資料のとりまとめを指示しました。
9:00 執務開始
事務所に到着。本日のスケジュールを確認し、クライアントからのメールが届いていないかをチェックします。
この日は、担当している案件についてクライアントから問い合わせが来ていたので、電話をかけて対応について話し合いました。
10:00 期日
事務所を出て霞ヶ関の裁判所へ。法廷では、裁判の流れを感じ取るために、裁判官の発言や表情等も注意深く観察します。裁判期日の後は、記憶が鮮明なうちに報告書を作成します。
11:00 起案・リーガルリサーチ
訴状・準備書面などの起案に先立ち、判例検索データベース等を活用して参考となる判例や文献を調査し、書面内容を練ります。この日は、訴状作成が中心であり、明渡訴訟に関する裁判例について調べ、証拠として適切な裁判例をピックアップしました。
12:30 昼食
普段は先輩弁護士とともに外で食事をとることが多いのですが、この日は会議が多かったので事務局にコンビニエンスストアでサンドウィッチ等を買ってもらい、仕事をしながら昼食をとりました。
13:00 ターミナル駅の再開発に関する事件の会議準備
担当案件が交渉・訴訟案件中心であるため、クライアントとの打ち合わせの機会が多くなってきています。
効率よく打ち合わせが進むように、事務局と共に会議資料等の準備をしました。
この日は、検討の叩き台とする訴状案を準備しました。
13:30 ターミナル駅の再開発に関する事件について、クライアントと会議
クライアントとの会議では、交渉や裁判について打ち合わせを入念に行います。
この日は訴状案を用いて、クライアントに説明しました。クライアントの意向を忠実に反映させるべく、打ち合わせの中で方向性をより明確に定めていきます。中身の濃い会議になり、打合せの時間もあっという間に過ぎてしまいました。
14:30 事務所内ミーティング
昼の会議の内容を踏まえて訴状の推敲を行いました。また、事務局がまとめてくれた調査結果のデータをどのような形で訴状に盛り込むかを先輩弁護士達と話合いました。
ミーティングでは自分の担当していない事件について意見を求められることもあります。自分の担当していない事件について検討することは自分自身の勉強にもなるので、積極的に参加しています。
15:30 顧問先からの法律相談業務
顧問先から電話があり、急ぎの相談案件が来ました。本日中に意見をまとめて回答することになりました。
相談に関係する法令や文献のリサーチを進め、回答の準備をします。
17:30 会議準備
夕方からの会議のために配付資料の確認等、準備を行いました。
18:00 大規模マンション建替のためのマンション管理組合の理事会
マンション管理組合の理事会のため、現地に向かいました。
21:00 夕食
理事会終了後、同行した事務局と遅い夕食をとりました。
22:30 起案・回答
夕食後、昼間受けた相談案件について回答するために、事務所に戻りました。
調査結果を踏まえてクライアントにメールで回答を行い、この日の業務を終えました。
24:00 帰宅
帰宅後は家族とのプライベートな時間を過ごし、明日に備えます。
蒲原弁護士の一言
仕事はオフィスワークが大半を占めますが、日によっては外の会議や交渉、裁判期日などで外出が多くなることもあります。今回は裁判期日が1件入っている1日を例にとってみました。裁判が入っていない場合には、午前中にも起案や交渉、会議を行います。当事務所では訴訟案件が多いため、準備書面や訴状の作成等に割く時間が多くなります。
平日は仕事で忙しい当事務所ですが、週末にはみんなでゴルフに行くなどして日頃の疲れを癒し、気分転換をはかります。